読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クソ以下の匂いがプンプンするメモ

ATLUS系ゲームについての忘備録

新生終末アナーキー第5話 逆産卵プレイ

ここからはネタバレに注意

前回までのあらすじ

ルシファーとメルカバーをお仕置きロンリネスした。俺、この戦いが終わったら仲間たちと平穏な日常を過ごすんだ…

なーんちゃって

お前本当に俺の事を…フッ、ククク…なら見せてやろうかぁ〜!?もっと面白いものをよォ!ウゥゥゥゥゥゥ〜ポリゼスフォーゼ!(polythesim…多神教)

実はシェーシャがみんなの希望フリンに化けてた、このイベントのせいでチアリングの人アサヒが死亡してしまう、イザボーをパートナーに、にしても地の文のエグさには引く。こんな状況でスマイルチャージなんて出来るか!

…というわけで威圧の構えをコンセントレイトに差し替えておきますね、スマイルチャージの出番はこのダンジョンが終わったら来るのでそれまではハマオンとムドオンは温存しておきましょう。(追記、スマチャにしときゃ良かった。)

終末レイプ!門番と化したオーディン

初周ではとても苦労して最後は運ゲーでゴリ押した記憶がよぎった上貫く炎の闘気さんにはとても苦しめられたので対策を取ります、どうすれば良いのか?オーディン一戦目のムーブを思い出してみてください

貫く雷の闘気→コンセントレイト→真理の雷

ど、どうしようもない…という風に見えるが三手まるまる使う点に注目しましょう、つまり3回行動できなきゃこれはでけないわけです、そこで威圧の構えを使用します。また、貫く雷の闘気を誘発するためにマカラカーンを使用します。ベリアル戦では採用しなかったこの戦法ですが何故使ったかというと真理の雷の前には高頻度でコンセントレイトを使っていたのが妙に記憶に焼いついていたからです、相手はデクンダ無しデカジャ持ちですのでこちらにラスタキャンディを2回ほどかけたら敵の能力を全部最低にします。

フタを開けると余裕でした、どうやら威圧の構えを使われるとコンセントレイトをすっ飛ばして真理の雷に走る(AIが行動を設定→威圧の構え発動→初手にしようとした行動が省かれる)などの処理があるかもしれません、それにしてもこのボスはマカラカーンに平気で魔法を撃ち込むので賢くないボスのようです。万能を持ってないからですかね、物理攻撃はグングニルが貫通こそすれ中ダメ単体、冥界波の命中率はあまり良くないという始末。1週目は毎ターン貫通コンセ真理の雷された気がするけど威圧の構えのせいで頭がおかしくなってしまったのだろうか

妊娠発情即出産でトキ離脱

初めてみたトキはトラウマになりました。それでは宇宙の卵へGO

ボスラッシュ、第一〜第三は問題ない。注意しなければならないのはアプスーのスマイルチャージ、マカラカーンを使うとアイスエイジの追加効果で貫通を狙ってくるので使わない方が良い。

イナンナ戦、熱り立つ〜を使用するとその反対の属性(火炎⇄氷結、電撃⇄疾風)が弱点になる。細かいことは気にせずマカラカーンを張って至高の魔弾を回避またはマカラコワースを誘発しよう。

ミトラ菩薩戦…の前に、ルートを選定する都合上主人公の火力を確保したい。魔のドーピングを行い主人公を強化する、そのためにはインド勢力(軍勢を狩る必要がある、その手順を詳しく解説する。

ここで集魔の水をまく、この時アプリのエネミーマッチングは必ず取っておくこと。次に仲魔、下記のような火炎特化の仲魔を作成する。終末の命中率補正からスマイルチャージ、ダメージ効率のためにコンセントレイトは欠かせない。軍勢は増援を呼ぶがこちらのカジャも引き継ぐ、ラスタキャンディを適性の高い仲魔にうたせよう、パートナーはイザボー。敵の攻撃についてはマハブフダインは耐性でアースクエイクは追加効果が面倒なのでテトラカーン。増援が来るとき敵が先制する事があるので勝てそうなターンでもテトラカーンは貼る事

さて、魔を100ほど上昇させた。ではミロク菩薩戦、弱点を突くと独覚で全能力が+1される、ではどうすれば良いのか?一度のダメージを高めて撃ち抜くのだ、先ほどのアマテラスで1回4300ダメ、計4回で敵を粉砕した。弱いな

ついに来た!皆殺し風物詩、キルゼムオール。イザボーが殺される時の音楽(真IV battle b-4)をバックに戦闘開始。最初はナバールとノゾミ、仲間どもは貫通効果を揃えてて鬱陶しい、ラスタキャンディ2ランダマイザ1に主人公はコンセントレイトをしてターンを渡す。ナバールは動いてもデクンダだ、最初のノゾミの攻撃を避ければ勝ち、攻守5段を積んだコンセダインで吹っ飛ばそう。増援にカジャは引き継がれるの法則で次戦、威圧の構えを使いながらイザボー→ハレルヤ→トキ→ガストンの順番でお掃除、ノゾミが一番面倒なので消化試合。

ここでプレイミス、戦闘中の選択肢で有利なものばかり選んでLIGHTの属性値がDARKを40上回っていた、宇宙の卵に入る前のオーディン戦から仕込んでいたが無理だった。アイテムを全消去された、これが逆のパターンなら仲魔全消去という発狂ものなのでそれよかマシだが。

ヴィシュヌフリン戦、デカジャデクンダ、アンティトクン、万能2〜4回+めまい、ジオダインザンダイン至高の魔弾…勝てるの?ポイントは威圧の構え、これをするとデカジャデクンダを使ってこなくなる上時々バグで威圧の構えを使用した悪魔が敵のアイコンを使用して攻撃できる事がある。具体的には威圧の構え発動→敵のアイコンが二つに→何故か威圧の構えを使った悪魔に行動が回ってくる→敵のアイコンで一回だけ行動できる、ここでスキルを外してもなくなるのは敵のアイコンなのでエナジードレインをすればどう転んでも嬉しい。序盤で攻撃をしのぎつつ補助を限界まで入れれば後はエナドレで回復のコストを補いながら主人公はコンセントレイトした魔法で攻撃すれば勝てる。

第二形態、光刀・闇刀ナンダカを使用。貫通効果があり複数回攻撃・高命中・使用した刀と逆の属性が弱点になる。これは全然避けられないので嬉しくない、しかし弱点がつけるのは嬉しいのでちくちく削っていこう、1戦目と同様威圧の構えは欠かすと直ぐにデカジャとデクンダでリセットされるので注意。(追記、スマチャなら避けられる事もなくナンダカにニヤリを取られる事も無かったんやな…って)

次回予告、ラスボス強すぎね?