クソ以下の匂いがプンプンするメモ

ATLUS系ゲームについての忘備録

ゲーム感想文 #4 真・女神転生IV

神と悪魔と人間の物語

3DSで10年ぶりの新作、Vはいつ出るんですかね。ストーリー上の主要な悪魔を全て外部のデザイナーに外注するなどナンバリングであえて挑戦をかけていくスタイルは否だけでなく賛賞されても良いものであると思われる、にしても大胆ジャンプ、並の挑戦心ではこれはできないことだけは確かである。特撮ヒーローみたいな敵悪魔や粘土チックオモイカネ(立体化して欲しい)、形態毎の振れ幅のハゲしいルシファーに禍々しいイメージの先行する顔面天使など振り返ってみるとなかなか愉快な集団である。

戦闘システム

真IIIからプレスターンの続投、仲魔が全てスキルを覚えると主人公にスキルを移植する「ウィスパーイベント」と弱点を突く、敵の攻撃を無力化することで時折発生する「ニヤリ」が新規物件である、細かい仕様は脚注で*1*2、これによりとりあえず仲魔を最後まで育てる機会が増える。エンカウント方式は従来のランダムエンカウントからシンボルエンカウントになった、思うにこれは3D機能を活かしたかったのだと思う、戦闘回避がめんどくさくなったり背後からぶっ刺されてそのまま死亡するなどATLUSの悪意は新たなる血族並である。

死亡といえば今作ではゲームオーバーしても多額の金またはゲームコインで復活させてくれる、カロンの復活だ。どこでもセーブがあるのでこれはむしろ魔人との遭遇状況を固定したりヒューマンエラーを救済してくれたりと何かと便利なシステムだ。ゲームコインを集めようとすれば必然的にみんなとすれ違えるしね。

今作の主人公はレベルアップによってアプリポイント(AP)を取得しこれを消費して自身の機能を拡張する、スキル枠を増やすなど重要なものが揃っており終盤まで色々と使い道に悩まされる

会話システム

真IIIであった会話スキルを今作は主人公がアプリとして習得できる。金をせしめるファンド*3や相手のアイコンを奪うムダ話と雑魚からボス戦まで色々と使える上にボス敵にも会話パターンが用意されていてけっこう作り込まれている。また会話もクリティカルすればアイコン消費が半分で済んだり、逆に2個減または全没収などゲーム性が増しており、死にそうになった時の会話の綱渡り感は今まで以上である。

問題点

大規模な改革には痛みが伴う、ここでは見事にやらかした点を見て行こう。なに、次回作でほとんどだいたい改善されるので安心して欲しい、それにこうやっておけば私は来週真IVFの記事で一回ぶん猶予を稼げる

  1. 悪魔の没個性化…多分一番痛いのはこれではないだろうか?継承が自由に選べてしまう事、継承不可スキルがほとんどない事、悪魔のhp/mpが3パターンしかない*4、以上より悪魔のスキル構成がいくつかの最適なパターンに集約される。これは真IIIでもだいたい同じだがそもそも真IIIはその最適なパターンに持っていくのにかなりの手間がかかるのだ、同じ最適解でも作った後の満足感がかなり変わってきてしまう。

  2. ボスに捻りがない…固いだけの雑魚である。全員がニヤリ状態になるとhp、mpが50%回復する仕様を悪用しテトラカーン又はマカラカーンを張って待ちかまえれば中盤以降は余裕のよっちゃん、終盤からは攻撃方法もチャージ→モータルジハードでオッケー。ので終盤はこれらのスキルを揃えて他にいくつかバラけたスキルを積んだ悪魔を合体で順次更新していけば良い。主人公が全属性使えるのがこの攻略法を鉄板にする点も見逃せない

  3. マップ、エンカウントが単調…造形やエフェクトによって天井の覆われた東京の世界観構築は実際素晴らしいが各マップが短く長いマップがない事とエストマの役割を果たすエストマソード(殴ると自分より弱い敵シンボルが消滅)がとにかく不便なので攻略中は微妙、攻略後も一手間という仕様。造形が素晴らしいマップが多いのに勿体無い、封霊塔カゴメとか

  4. 無能なお供…サポートメンバーがこちらのターン終了時に攻撃や回復をしてくれるのだが、複数候補がある場合まず選べないし無効や吸収をまるで考慮しないので敵がニヤリになる事態を結構な頻度で引き起こす、弾除けになるとはいえ無能な味方は敵より怖い

ストーリー

悪魔会話同様こちらも町民の会話がストーリー進行に対し細かく更新されたりとなかなか考え込まれている。ストーリーそのものはまあだいたいいつも通りか少し量が少ない程度なのだがとにかく世界観と設定が横に広くそれのプレイヤーへの供給の仕方も上手い、この土壌があったからこそ次のFINALはストーリーを非常に縦に長くする事に集中できたわけだ、FINALは真に真IV抜きでは成立しないというわけだ。いずれリメイクが出るときは真IVにFINALのシステムを搭載し一緒にして発売して欲しいものである、ATLUSならVが出る前にそういうの出すさ、多分。

総評

ストーリーのところでだいたいやってしまった、真IVF編に続く

*1:前者はパッシブスキルは覚えられず、アクティブスキルは取得した状態でウィスパーイベントを起こすことで威力アップやコスト減の恩恵を受ける。

*2:後者は次の攻撃の威力増加、物理ならクリティカルしさらに自分の弱点が消失する、状態異常時は発動しないので逆にこれで敵のニヤリを防げる

*3:ご存知お金のメイン徴収方法、会話した回数に応じて経験値が入るので会話経験ブースタと組み合わせる事で金と経験値を無尽蔵に搾り取る緊縛ファンドは恐るべきシステム。タグから飛んで過去記事みてね

*4:物理スキルがmp消費になった事で物理型悪魔であろうとmpの極端に低いhp型になったら割と救いようがない、バランス型マンセー