クソ以下の匂いがプンプンするメモ

ATLUS系ゲームについての忘備録

星喰攻略part3 状態異常撃破レポート

隠しボスをいじめるのが最近マイブームになってきました。今回は今まで使わなかったリーパー、ネクロマンサーを使用するのでメイン火力は死を振り撒く死神の冷灰の大鎌(状態異常時に氷属性で追加ダメージを与える)になる。そこで

  1. リーパー(死を振り撒く死神)
  2. リーパー(死を振り撒く死神)
  3. ハーバリスト(天真なる毒殺者)
  4. ネクロマンサー(召霊のネクロマンサー)
  5. ネクロマンサー(破霊のネクロマンサー)

というパーティ構成。二人でガンガン冷灰の大鎌しつつ召霊は無慈悲な盾、破霊はhp9999死霊で等価交換しつつ即死の入る頭パーツにゾンビパウダーをしていく、天真はパラライスモークで麻痺の援護…結果は惨敗、戦術の練りこみが甘かった。なーにがいけなかったんでしょうかね〜?

  1. 足パーツが後列であり処理が遅れる
  2. 封じ要因がおらず麻痺は行動阻害には少し難アリ
  3. 頭パーツは麻痺が弱点なので累積耐性がついても問題ないが腕パーツはそうはいかない(星喰のパーツは死亡→復活した場合累積耐性を引き継ぐようだ。今作の累積耐性は10ターンかけて徐々に減少していくらしいがこのカウントにパーツが出ていないターンも含まれるのかは謎)
  4. 上記により頭パーツに即死耐性がつき破霊が途中から置物に
  5. 敵の攻撃が苛烈を極める
  6. 冷灰の大鎌を大雑把に振っていたが状態異常のかかっていない敵には効果が薄い、当然だが。

だ、そうです。この中でリストラされる奴がいまーす。というわけでクイズです、一人をリストラ、一人を他の種族から転職、一人の二つ名を変更、そして新しいメンバー(転職済み)が入ります。これを当ててください

(攻略サイトによると状態異常成功率(暫定)をここに載せようとしたけど該当記述が消えていたのでおじゃんに)

閑話休題、破霊ネクロマンサー!アウト。ハーバリストはルナリアから転職、リーパーの一人を死を遠ざける死神に最後に死を振り撒く死神(セリアン)=サン、ドーモ。

確かにhp9999の等価交換は強力、しかし星喰の分厚いhpの前には相対的に効果が落ちるのが威力固定の攻撃の性、そして長期戦を耐え抜くにはそれでは足りないのだ。状態異常パーティと相性の良い石塔絞りができる召霊を残した、緊急時回復などの小回りを効かせつつ高レベルの死霊転生を活かし魂の糧を積極的に貼っていく。後列対策は他にも遠ざける死神(アースラン)に惨毒の鎌を使わせる、これは高レベルなら900程度のダメージを抉っていくので利用する価値はある。セリアンの方の遠ざける死神には世界樹の腕輪も装備し冷灰の大鎌をぶん回すのがメイン、黒き衣、力を積むために腕パーツに呪いをまけるようにしておく、50%の耐性が入ろうが弱点なら瘴気スキルで状態異常耐性を下げればすんなりと入るからだ。

ここに冷灰の大鎌を入れると面白い事になる。

死を遠ざける死神は防御力低下の削弱の瘴気を持たせつつ賄いの血で回復を行う、賄いの血は状態異常や封じも合わせて治療できるため利便性が高い。さらにパーティ全体でデバフが飽和しているので泡沫の鎌も利用できる、どうせ破壊したパーツが再生する時補助は継続されないのでパーツの各個撃破にもうってつけである、またスモークボムもスモーク系のデバフを解除して発動→残った防御系デバフで威力を増加させると冷灰の大鎌に並ぶ火力になる。スモークソリッドは成功率が微妙なため役に立たなかった。

ネクロマンサーは魂の糧や生の代償で皆を支援しつついざとなればライフトレードで立て直しを図る、更に石塔絞りを三つの死霊でぶつける事で星喰本体を石化させる、星喰本体が石化すればパーツは動かないので累積耐性を抜きながら体勢を整え本体には冷灰の大鎌で変わらず攻め続ける事が可能となる利点がある。

この構成の攻撃面は主に黒き力で攻撃力を倍にした冷灰の大鎌一本である、これを通すためにアースランリーパーの高LUCで状態異常をまき、体勢が整えばW冷灰の鎌を使う、また天真の毒殺者は条件が整った時にスモークボムを使うと良いが基本的にパーツは状態異常付与のための鎌スキル+冷灰一発で消し飛ぶので使い所は後列を消しとばす時か本体石化時である。終わらない衣による瘴気兵装維持(状態異常効果もそうだが黒き力、衣は兵装が切れるとリセットされる)のためデバフをまきまくる都合上遠ざけは気軽に泡沫の鎌を撃っていける。防御面は状態異常による行動不能、魂の糧や黒き衣、削弱の瘴気による攻撃力低下をする、フルにハマりきれば回復いらずで戦い続ける事ができる、遠ざけだけ相対的に柔らかいが生気吸収☆がむしろ他よりも充足した耐久を実現。後列はWISが高いルナリア2枚であり物理攻撃も貫通は死霊が盾になってくれるのでそこまで問題ではない。

具体的な戦法は初ターンはセリアン振り撒きが先制兵装を発動させその上で更に瘴気兵装で延長、アースラン振り撒きは虚弱の瘴気、遠ざけは削弱の瘴気(ユニオンスキル黒霧使用)、召霊は石塔絞り、天真はパラライスモーク。そして次のターンでセリアンで呪いを腕にアースランで毒を後列に巻き黒き刃と衣をチャージ、天真はスモークボム、この時ネクロマンサーには衰弱の燃息をさせると良い。これでスタートダッシュを決め石化が解けたら速攻でチェーンブラストしてもう一度動きを止める。この時本体にどういう順番で状態異常をかけるかが重要になる、つまり優先順位の高い状態異常から本体に浴びせる事で状態異常による状態異常の上書きのロスを無くし効果的に冷灰の大鎌をぶっこむことである。その優先順位は呪い→毒→麻痺→盲目。