読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クソ以下の匂いがプンプンするメモ

ATLUS系ゲームについての忘備録

三途渡し

世界樹の迷宮V

「も〜うはなさない〜」

「は な し て」

三途渡し

さんずわたし それは熱き冒険者たちの戦い

さんずわたし それは人生の縮図、冒険のロマンである

「いっけー!私の天羽々斬・モノホシ竿・朝嵐!」

まずはサムネイルのショーグンさん(世界樹III)について、奴らのスキル「介錯」は敵味方の全てのキャラが特定条件(hpが特定の割合を切った)時に即死攻撃を与えるマジキチスキルである。世界樹IVにその類のスキルはなく、冒険者達はあるところで安堵し、あるところで少しガッカリした。が、しかし

カンカンカン ヤッター! ウマクイッタヨ!!

おまたせ、今作のキチガイスキルだよ。敵味方のあらゆる攻撃にマスラオの装備している刀の本数×スキルレベルに基づいた攻撃回数で使用武器を使って追撃する。スキルレベルによって敵への攻撃倍率は上昇し(最大300%)味方への攻撃倍率は減少する(最低50%)。刀を使う職業はなんでこんな頭おかしい奴しかいないんだ!マトモなのはブシドーだけか!ブシドーはキャラがぶっとんでる(攻略本カバー裏参照)

特徴

このスキルの特徴をあげるとまず一つ目は追撃率が100%であること、チェインが全体攻撃にチェインオールで追撃しても討ち漏らしがあったりすることを考えるとすでにこれだけでおかしい。次に威力倍率が高い、ただでさえ脳筋のマスラオが最大300%を12回敵にぶつける様を想像して欲しい、更にマスラオは攻撃回数に応じて威力が上昇したり前ターンに攻撃した敵に対してダメージが上昇するパッシブを持っている、なんだこいつ。3つ目は通常攻撃なのでスキルやアイテムで簡単に属性が付与できる、複合属性の性質を考えるとこれはほとんどメリットである、リスク対処にも使える性質、詳しくは後述。4つ目は敵の攻撃にも追撃する事さっきの三つのメリットを持ってしても冒険者が採用を躊躇う理由がこれだ、そりゃきついわー。ショーグンの血染めの朱槍みたいなスキルがあったらなあ

利用法

既に星喰いの三途渡し攻略である程度述べられているが詳しく見ていこう、いくつかあるが簡単な方法は全体攻撃だ、追撃回数をこちらで先に使い切ってしまう、この際追撃回数を刀の本数で調整するとなおよい。他だと行動速度に補正がかかったスキルを使用すると良い。次は味方への追撃ダメージを落とす事、つまり複合属性化し属性のダメージを軽減したり防御バフやチェイスハーブを利用するなど、最後の方法はタンクキャラの利用になる、誘い込みやシルフィードなど追撃系スキルに嬉しい仕様となり相性が良い、ドラグーンはバンカーとガンリベンジを組み合わせるとよい。

実際に相性の良い職業

1、シャーマン…上であげた全てを叶える。神託:乱舞との相性の良さは散々語った通り。二つ名はパーティの他のメンバーに合わせて決めよう。

2、ハウンド…早い、氷嘴撃の全体二回攻撃や最速攻撃などコンスタントにこなす、チェインも組み込める

3、セスタス…封じなら敵の動きを止めてそもそも攻撃させない事が出来る、遅いキャラを利用して行く際に重宝する。蓮撃のリードブローなら単体にスキルで複数回攻撃(最高5回)できこれが三途渡しの単体への火力を最大限に高める

4、フェンサー…どちらかというとお膳立て無しに組み合わせられるのは幻影の方

5、リーパー…瘴気兵装による行動補正↑↑からの状態異常列攻撃は色々と都合が良い。セスタスと組みあわるとリードブローの火力増につながる

マスラオ側の準備

先ほど紹介した各種パッシブをそろえると良い、自害する事も多いので仮死蘇生を持たせるなどもしよう。刀の本数だが3本か4本がいい、この差は反撃を想定するかどうかで決定される、防具が一つだけで大丈夫かと思いがちだがそこに最大の効果を持つ重鎧をつけるので防御力はそこまで問題でない、刀の追加効果によるカバーも合わせると少し安心。その刀の選出については

1、単純に攻撃力の高いもの…天羽々斬、ソボロなど、メイン装備は三途渡し以外の全てのスキルの攻撃力を単体で支配する、持てる最高の武器をもたせよう。ソボロは固有スキルで自分の攻撃力が上昇するため返り咲きと良相性、覚えておこう。天羽々斬の高速移動はびみょう、tp70だし、回避フェンサーと組み合わせる時はワンチャン

2、VIT・WIS↑↑↑…VIT↑↑↑の刀を三本装備するとアースランドラグーンに並び立つVITを手に入れられる。自害で死ぬ事が減る

3、燈台切り…力溜め要員、三途渡しは装備している刀を上から順番に使用する、そのため総合的な攻撃力が低下してしまうが力溜めを使えばダメージ・tp効率の両面で優位に立てる、やるなら四本目の刀として装備しないと効果が薄い。力溜めと果し合いの相性が悪い事も追い風をかけている。