読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クソ以下の匂いがプンプンするメモ

ATLUS系ゲームについての忘備録

星喰い攻略part2 チェインwith三途渡し

世界樹の迷宮V 星喰攻略

世界樹の迷宮V 隠しボス攻略(チェイン) - クソ以下の匂いがプンプンするメモ

まずはこの稚拙な記事を読んでいただきたい、三途渡しは使いこなせなかった、だからチェインオールに全てを傾けた編成にしてみた(ドヤァ)。

断っておくと全くの誤りである、スキルへの知識の無さが原因である。だからパーティメンバーのスキルを洗い直し三途渡しギミックを搭載する事に成功したので記事にする。(言い訳というのは大層さと誠実さが反比例する)

(追記、

ログイン - はてな

完成版)

三途とチェインの比較

まずはここから、両者のメリットとデメリットを比較してみる。

チェイン

メリット、サポートするスキルが非常に豊富である。迅雷が二人揃えばチェインオール・ブースト・バーストで連鎖爆発が起こせる。

デメリット、 起爆に少々手間がかかる。

三途渡し

メリット、とにかく火力・手数が高く着火も容易

デメリット、味方も巻き込む。

互いのデメリットをちょうどよく補い…敵を倒す…そんなスキルはないだろうか…

💡\ピコーン/

(ほんとは平成明朝体W9でシン・ゴジラみたいにしたかった)

まず、三途とチェインを単純に組み合わせた時の事を考えよう。この場合、チェインにも三途が反応する事で三途の手数を増やす事が出来る。このため三途の残弾を減らし味方への誤爆を抑える事が可能である、しかし三途そのものへのケアが余り行われていない事とチェインの手数を稼ぐ方法が用意されていない事である。必要なのは素早い突又は属性の全体攻撃である、前回のチェインオール戦法では脆弱の矢雨を採用したがあれは列攻撃、ウォーロックの術式には速度に難あり、ハウンドは都合の良い突全体スキルを持ち合わせない(氷嘴撃は非常に、優秀だが行動速度補正がキツく先制が取りづらい)

そ こ で、シャーマンの神託:乱舞の登場となるわけだ。準最速行動(!)で属性全体攻撃をし、対象の耐性を低下させるおまけ付き、属性祈祷スキルを解除して発動するため連発はできないが元々チェインオールを挟まねばならないしマスラオはその間に力溜めをするのであってないようなものである

乱舞の準最速という特性とチェイン×2により三途は開始早々全ての追撃を使い切る事が容易である。そして耐性低下により威力が1.5倍になった猛攻が星喰いを襲う。やったぜ

弱点複合属性な事、まあチェインの時点で元からそうなので問題ない。

残ったハウンドは追撃回数消費とチェイン消費の出来る行動を選ぶ、後列を処理したい時は氷嘴撃、本体にダメージを蓄積したい時は脆弱の矢雨を使うのが良い。

行動パターン

ハウンドは前記事と同様の行動パターン。封じが上手く入ると嬉しい、シャーマンは序盤の内に破邪と討滅を良く振っておく。星喰いのパーツが二つになったらチェインオール・祈祷 焔・力溜めをする、ここでマスラオを後列に下げておくと事故が少ない、前列に押し出すのはシャーマンが良いだろう。パリングとエレメントデコイ対策にハウンドで封じを振っておくと良い。マスラオが死んだらネクタルで蘇生する、また全てのパーツを吹き飛ばした後はフェンサーに莫大な攻撃回数が溜まっているのでレゾナンスを使うと良い、良い威力が出る。パーツが一体の間は二人のフェンサーに交互にチェインを行いチェインしないターンは溜まったレゾナンスを解放すると効率が良くなる。

装備

フェンサーとシャーマンは前回と同じ、ハウンドはアクセと足防具でAGIを高めた。マスラオは天羽々斬(威力要因)にVIT・WIS↑↑↑の刀をそれぞれ一本、燈台斬り(力溜め)を一本。ここでVITとWISに防御を割いた理由である。敵攻撃力がこちらの防御の3倍を越えるとダメージが急増する性質上、総合的な防御力を高めるためにWISはある程度の数値を持たせておきたかった。

改善案とオマケ

引退してLv99にした場合は十分なステータスが確保されている事だろう、そこで「イージスの盾」を用いずに更に安定しやすい方法を紹介する。まずはマスラオの防御をかなぐりすてる、星喰いを倒す前ならソボロ、倒した後なら天羽々斬を装備。ここで用いる手法は「気魄の楔」。異常な攻撃回数で攻め立てる当攻略における気魄の楔とのシナジーは十二分だ。

初手はフェンサー×2とマスラオで気魄の楔をかける、次に機敏の光剣にチェイン×2をして三途渡し・氷嘴撃・脆弱の矢雨を使う。高確率で成功し機敏の光剣を破壊、チェインバースト発動、他パーツにもそれぞれダメージ、そして封じを撒き散らしている結果になる。この戦法の何が楽ってこの瞬間で成否がだいたいわかるからだ。次のターンはシャーマンの電光石火を用いて封じと祈祷焔を敵より速く持ってくると安定する。ハウンドのLUCを強化してあるならシャーマンはルナリアにしておいても良い、そしてマスラオを後列に戻し力溜め・チェインオール・祈祷焔の三種類を使って3ターン目にぶっ飛ばす。

敵のパーツはけっこう残っているが封じで動けないパーツが多いしハウンドにサウンドカノンを行動不能にさせれば危険な行動だいたい防げる、そしてここでパーツを一つも減らしてはいけない、そうすればターン終了時に1ターン目で破壊した機敏の光剣が復活して次のターンにフルバーストを使う、これで敵には行動をさせずにパーツを一掃できるわけだ。攻撃のほとんどが魔法属性を含むためルナリアシャーマンならカースマジックを使用しても良いぞ。

何故安定するか?一つはこのパーティでは素早くユニオンゲージを溜めるキャラがいない、そのためイージスの盾を使用すると決着がつくまではユニオンスキルが使えないことが多い、そこを複数回のユニオンに分けて有効に利用できる、本体に封じを入れる機会も増える。次にマスラオに最初から力溜めを使用させるため後列に下げる攻撃をするターンは準最速攻撃でまず反撃を受けないので攻撃全振りが出来る、攻撃力を高める事が生存性の上昇につながるのが星喰い戦なのだ。読者の方にも自分なりの戦い方を研究して欲しい、様々な攻略が出来るのが星喰い戦の楽しいところだ

おまけの茶番

お前に相応しいソイルは決まった!

ダボハゼ追撃「三途渡し」!連鎖爆発「チェインオール」!そして属性爆撃「神託:乱舞」!

(bgmのかっこいいサビ)

<エレメントデコイ

「ひょ?あああああああああああ!!(全部無効化されてあえなく死亡」