読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クソ以下の匂いがプンプンするメモ

ATLUS系ゲームについての忘備録

世界樹の迷宮 パーティ構成論 応用編

じゃあ続き行くよ〜

3.1 世界樹の迷宮

黎明期、まだ組み合わせはあんまりない。だからグッドスタッフ的に組めばいい、ぶっちゃけレンジャー3人くらい入れたら良い、運が良ければ隠しボスは動けずに死ぬ。実プレイ時のパーティは

レンジャー ブシドー カースメーカー メディック アルケミスト

物理火力と属性火力職に回復職と弱体職を入れた、メイン盾がいないがマジキチレンジャー3種の神器のひとつアザーズステップでペイントレードなり封じなり術式なりを入れて敵を黙らせる。ブシドーは趣味なのでダクハンを入れるとなお良い。

3.2 世界樹の迷宮2

1に新しい職が3つ追加された、奴らには特定条件下で強力になるタネを多分に含んだものが2職、他は新しい防御職で、ナイトに対する忍者みたいなものだ。世界樹シナジーゲー的な側面はここから加速する。実例は

ブシドー ペット ドクトルマグス カースメーカー ガンナー

新職の2つは敵が状態異常ならバカみたいに強くなる、睡眠を軸にするのだ。そのために馬鹿火力は出せるが耐久が紙なブシドーも追加した。馬鹿火力に補助をガン積みして殺す鬼のような編成だ、分類としては一点特化型でとにかく動けない敵をいたぶる事に終始している。またペットは睡眠が決まるまでの壁とドクトルの単体回復でなんとか賄うためだ。属性火力は?と思うかもしれないが物理に耐性があろうが変化の術式で強制的に物理弱点にするのでそこまで問題はない。

3.3 世界樹の迷宮3

サブクラスが登場した、他職のパッシブや補助を流用する事で単独でシナジーを生み出せる。パーティ内の職業の組み合わせが飛躍的に増える事でパーティ中シナジーまみれや、引くわ。実例は

ショーグン(パイレーツ) モンク(盾) プリンセス(モンク)

シノビ(ショーグン) ゾディアック(ウォリアー)

「二人はイッキトウセン」で紹介した2枚に回復役、補助役、エーテル圧縮特異点定理業火さん(時々メテオ)を加えている。型としては投石装置型である。相手の攻撃を全てシノビに集中・回避し一騎当千で全てを決める、モンクは歩いてる時の護衛でプリンセスは基礎火力の上昇とアームズ付与、ゾディアックは外付け火力要因で全てはシノビが回避する事にかかっている。とにかくシノビが強い

3.4 世界樹の迷宮4

サブクラスが本当の意味でサブクラスになった(メインに比べて半分しかスキルポイントが振れない)まあ効果上昇幅が微妙になったので字面ほどの支障はない、多分。メイン同士の組み合わせのアクセントにサブを使うと言うデザインで、3のようにのべ10職で無限の可能性…と言うのとは少し違う。あと職ごとの固有スキルが強力になったので以下同文。隠しボスなどに絶賛てこずっている実例は

ナイトシーカー(ミスティ) インペリアル(ルンマス) ダンサー(メディ)

スナイパー(モム) ルンマス(メディ)

封じと状態異常で戦力を削ぎシャドウバイト、スコールショット、ドライブなどの理不尽な高倍率スキルが敵を襲う。特化型であり妨害が失敗または敵のhpが膨大にあると削り切るのは難しくなる。現状結構厳しいのでダンサーのサブを入れ替えたい。

3.5 世界樹の迷宮V

最新作、今作では二つ名というシステムが登場しサブクラスは島に流された。一つの職業の上位スキルツリーを2種類の内から選択する。今作は単体でお手軽ぶっ壊れできるのと二つ名システムのお陰で適当に組んでもシナジーが発生する。この二つの性質からグッドスタッフ的に組んでも二つ名を調整すればなんかそれっぽくなる、実例

フェンサー(迅雷) マスラオ(四刀) フェンサー(幻影) ハーバリスト(慈悲) ウォーロック(六属)

型としては投石装置型と言える、迅雷フェンサーと相性の良い連中でチェインしていく形である。ただ迅雷が完成に相当量のSPを使うのでなかなか真価を発揮できない。いざという時のリカバーとしてマスラオが八重の桜を咲かせたり幻影が避けたりする。そのうちチェイン三途渡しで星喰いをボコろうと思うのでお楽しみに(宣伝)

4 総括

どうやってパーティを組めば良いのだろう、答えは簡単。とりあえず好きな職を一人選べば良い、あとはそいつの強さに合わせてできそうな型を選定しシナジーを持った職を2人入れて残りの枠で調整をすれば良い。筆者はとりあえず姫子グラフィックのキャラ選ぶのを進める、可愛いしね