読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クソ以下の匂いがプンプンするメモ

ATLUS系ゲームについての忘備録

世界樹の迷宮 パーティ構成論 基礎編

その他・考察

下手するとネーミング以上に悩む

世界樹におけるボス戦の様子を表したいらすとです、遂にこのサイトにも「いらすと化」の波が来ました。列強にはまけないぞー

世界樹の強いパーティはどうやって組めばいいのか、そもそも世界樹におけるの強い動きってなんだろう。今回はそういう所に焦点を当てる。

1.1 強さの定義

実際多岐に渡るが受動的に探す、例えばまずは戦闘をボス戦と雑魚戦に分ける。雑魚戦では殲滅力が高い攻撃や速攻が大きな意味を持つが逆にボスはこれを耐えきる。だから雑魚戦に特化したパーティはその強みをボス戦で活かせない事が多く薙ぎ払われてしまう、逆にボス戦のためにバフデバフの数を揃えたりしても、雑魚戦ではそんな事してる間に殴った方が一戦の被害が少ない。強さの種類は一つではない、ただどんなパーティでも人数分の長所と人数分の短所があり、その長所の分だけ力を発揮する。強いとは短所を互いにカバーし合うことでパーティの穴を塞ぎ、その長所を活かせる型というのはどの強さにも共通する事柄という認識で支障はないだろう。

1.2 長所

具体的な長所とはなんだろう、ここで触れておくと世界樹というゲームは組み合わせのゲームだ。これを踏まえるとキャラの長所は二つに分類できる、自己完結したソロ長所と組み合わせることで力を発揮する長所のタネだ。前者は汎用性が高く後者は爆発力が高いという特徴がある。基本的に長所の量はだいたい同じだろう、だからまずパーティーを構築するコツとしていくつの長所のタネを芽ぶかせるかという所にある。これの活かし方は後に述べるとしてまずはソロ長所の種類を見てみよう。

1.3 ソロ長所

これにはどんな種類があるか?調べるのは簡単だ、職の説明欄がだいたい教えてくれる。大まかな型があってそれらが特例の割合で混ざっていると考えよう。

火力 だいたいのパーティにはこれが入っているだろう、別段説明が必要なものではない

防御 メイン盾きた!庇ったり回避を高めたりヘイトを集めたり色々できるようになっている。慣れない人はとりあえず突っ込んでおけば良い。

回復 これもあまり説明する必要はない、慣れない人はメイン回復職を入れれば良い。

搦め手 状態異常・封じの2つに分かれたり両方持ってたりする。このシリーズではけっこう重要なファクターだ。握っておくとお得な雑魚や開花する長所のタネがあり下手すると火力職より火力の出る搦め手職なんて異常事態もよくあることだ。封じは敵の行動を制限するので回復や防御とのトレードオフが可能な事に留意して起きたい。

増援・場 3以降では空き枠に増援を呼び出したりフィールドに影響を及ぼす方陣などのスキルが呼び出される。頭数が多い事は単純に強いし、場の方は強化と違って独自のルールで動く、フィールド魔法みたいなもんで相手の干渉を受けにくいという点で強い利点として成立する。

補助 バフとデバフを駆使する、ATLUS制のゲームなので単純に補助が強い、以上。ただIVは補助が累積すると減算処理をかけるという仕様があり積みまくれば強力になるわけではない。

1.4 短所

ここに至るまで長所を見てきた、では短所とは何か。長所が足りない事だ。火力不足によるジリ貧、回復手段がない事による状態異常や封じでの機能停止、だから長所をバランス良く盛り込めばなんとかなるし相手のしない行動に短所を合わせればその分長所の枠を有効に使えるという訳だ。

2.1 パーティの型

強い組み合わせ方にも色々とある。それらは長所の種類の偏りでだいたい分別が出来るだろう。平たくいうと、バランス型・一点特化型・投石装置型に分ける

2.2 バランス型

全ての戦闘に通ずる型と言えばこれになるだろう、ただ相手の長所が尖りまくっている場合多少のメンバーチェンジを行わねばならないのは欠点だが他の型は似たような状況で機能不全に陥る場合がある。だが世界樹には弱点を集中的に攻めることを推奨するボスがおりバランス型の体を成しているままではこれには勝ち辛いのが欠点か

2.3 一点特化型

特定の長所に比重を寄せまくる。さっき言ったようなボスに対して有効である。弱点は当然だがジャンケンで5連続でグーを出すようなものなのでパーばかり出す相手にはギタギタにされる。ただ

飽和させれば勝てることもある。

2.4 投石装置型

一点特化型と異なるのはパーティ全体で一つまたは二つの特定の動きを繰り出す事だ、大砲とかそういう言い方をしてもいい、その動き自体が封じで足を止めたところに命中率に難のあるスキルを補助を伴って撃ち込むとかそう言った具合。一点特化型と違うのは複数の手段で一つの動きを強化する分コンボ性が高く、その補助に何を噛ませるかで対応力が大きく上がる事にある。弱点は金太郎飴じみた一点特化型と異なりパーツが欠けるとガタが来やすい。将を射んと欲すればまず馬を射よ的なそれである。もちろん将を射っても死ぬ、コンボとはかくありけり

応用編では各作品毎に例(を攻略サイトとかから持ってくるとアレなので筆者のを使う)を用いて適当に解析する形をとる。