読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クソ以下の匂いがプンプンするメモ

ATLUS系ゲームについての忘備録

ペルソナ5 前作までとの相違点

ペルソナ5

ホンマ進化しとるで〜

購入の際の目安とするために3と4と比べて行く感想文形式。

戦闘面

3では真IIIでのプレスターンバトルを受け、簡易化・爽快さを増すためにワンモアプレスが導入された。実際楽しいが3の欠点はsp消費量の関係でほとんどガス欠しない事だ。実際誰かでマハ〜で削って総攻撃しておけばワンパンK.O.できてしまった。そこを反省して4はsp消費量が上がるなどしてsp管理や物理・魔法の選択が取られるようになった。5では新システムのバトンタッチの導入と総攻撃の弱体化と敵のhpの増加でワンモアプレスを更に選択性が増している。3では「そんな事より総攻撃しときゃいいだろ」だったり4では「希少敵くらいにしか使わない」だった状態異常スキルも全体的に決まりやすくなり十分使い物になるようになった。一つだけ欠点があるとすれば弱点がなく登場時の推奨レベルより大きく離れた強敵の処理がハッキリ言ってクソめんどくさい(追記、そういう敵は状態異常が効きやすいようになっているそうです。色々試してみよう)、そんな相手にも救い主のラッキーパンチ様はお慈悲をかけてくださるのですが。

ダンジョン

稚記事、シンボルエンカウントに見るスニーキング性でも述べたが3は単調なタルタロスで高低差ゲーをして4ではダンジョン探索に少しメスが入った。5では「怪盗もの」としてオタカラを盗み出すためにダンジョンを調査し潜入し仕掛けを解いていく作業、そこにカバーという物陰に隠れて映画のようにカバー可能箇所をワンボタンで素早く移動していくスタイリッシュなシステムが導入されている。この要素により戦わずに敵をスルーする事も選択肢に入った。

…進化しすぎじゃね?

合体面

5では合体で継承するスキルを選ぶ事ができる、しかし3などと同様に継承できるスキルにけっこう制限がかかっている。またPQに登場したイケニエスプレッドのようなシステム(相違点としてはイケニエからスキルを一つランダムでちょうだいできる。1日1回)があり、受胎がなくなってペルソナのアイテム化またはスキルカード化するものなどがある。ただスキル変化やトリプルスプレッドが無いのは寂しいな〜

ジュブナイル

今回は人との親睦を深めるとダンジョン探索や戦闘における利点の他施設が使用可能になったり出来るようになった。そのため強力なものには時期を置かなければ得られなかったりステータス制限が多くかかっているなどある。計画を綿密に立てなければいけないようになった。話の内容としてはいつも通り作品のテーマに沿って深みを持たせるという位置付けのままになっている。

ストーリー面

話しの整合性やプレイしてくるとこれ〜なんじゃね?と言ったツッコミに対する解答が用意されているなど良くできている。悪役の悪事もリアルさ重点に書かれている、終盤からの怒涛の畳み掛けは何もコメントが出せないほどの圧巻だった、必見。