クソ以下の匂いがプンプンするメモ

ATLUS系ゲームについての忘備録

レッツゴーヒメコファイブ part1

プレイ内容

  1. トーリーからの引き継ぎ(図鑑・店売り・グリモア)
  2. ギルドメンバーにブシドーを5人登録
  3. フロアジャンプは基本使わない、ダンジョンに入ってから一歩でも移動したら使用禁止が原則*1
  4. グリモアは引き継いだものとブシドーパーティで作成したものを使用。ストーリークリアまではギルドに他の職を雇ってグリモア搾取などはしない*2

「同じ顔が5人…くるぞ!」 「来ねえよ」

第一階層

今回は第一階層を攻略、転職ができない内は全員ブシドーだ、3人はそれぞれの構えに特化させつつ残りの2人は息吹を覚えさせる。新世界樹のストーリーモードは回復スキルの回復量に補正がかかっている、アイテムや割合回復、固定値回復はそのまま*3。息吹は発動速度に上昇補正がかかるし一撃で死なない限りはあっさり復帰できるのだ!

さらに嬉しい事に全員ブシドーという構成は息吹と組み合わせるとその長所がシャッキリポンと立ち上がってくる。例えば前列の一人が死に体になったら後ろのブシドーと入れ替えて後ろで息吹を吹きかければよい。つまり前後列を入れ替えても機能にほとんど変化がないためダメージがついたら後ろに戻して回復させつつその間は遠隔攻撃の抜刀氷雪や即死のつく首討ちを使用するなどの工夫ができる。隊列の柔軟性が高い。

しかしブシドーなのでよく一撃死する、クラシック最初のミッションで隻腕カマキリを葬るのは相当難しい…そこで3人がかりで首討ち連打を結構、Take4、34発の首討ち攻撃の末隻腕カマキリの首ははねおとされた。既に隻腕だったし討伐の証にもう片方の腕も持って帰るしバラバラ殺人の様相を呈している。ボウケンシャーは非情だ。

ウンチーコングヘラクレスオオカブトに苦戦しながらも5fまで探索。抜刀氷雪が強い事、初手で後列も込みで踏み袈裟を連打して頭数を減らす事などが重要だ。そしてボス前へ

スノードリフト

攻撃は3種類、まずは貫通氷属性攻撃。これはもろ目のブシドーでも40ダメ、ダメを受けたらとりあえず後列に下げるなどの隊列操作で対処可能。次に全体テラー付与、hpが低くならないと使用しないし1人くらいしかテラーにならない、残念だったなそのブシドーは囮だ、みんなは一人の囮、一人はみんなの囮。最後に溜め→増援召喚、2回目以降は戦闘に直接召喚される、その口元に轟音弾をぶち込んでやろう。

前列3人でtp効率の良い斬馬や即死に期待して首討ちで攻撃、後列は息吹と明滅弾。ちょうど明滅弾か足りなくなった頃に勝利!全体のtpのうち40%ほどを余らせて勝利…あれ?ストーリーより楽に勝てたぞ

次回予告

物理耐性の高い敵の増加、ビンビンビンチクッ(毒針ダメ50)あっ、ああああああああ!(毒ダメ80)あーイクッ!チーン

毒針にはきをつけよう!

*1:フロアジャンプシステムの問題点は大雑把に書くとDRPGにおける進むか退くかの判断を損なうという点がまず大きい。フロアジャンプさえあれば多少の制約こそあれ半ばゾンビのように回復の泉に飛んで回復できる、またそこから転じて回復役のtpやアイテムを使わずに蘇生が出来るし戦闘でtpを大雑把に使い戦闘の楽しみも損なわれてしまう。これが探索時間を特に努力もなしに伸ばしたり、蘇生費や宿泊費が序盤の財政を圧迫してくる事もなくなってしまう。これはいけない。しかしアリアドネの糸を忘れたせいで逃げ延びながら来た道を戻る…というのはだいたい途中で死ぬしシステムに殺されるならともかくヒューマンエラーで死ぬのは全く楽しくない、こういう場合は容赦なく使用する。

*2:トーリーから引き継いだグリモアも大抵が低tpのブシドーには使いにくい、序盤のエネミースキルを処分した事を今すごく後悔している

*3:つまりメディックは相当報われない存在、ストーリー職の一つなのにどうしてこういう調整になってしまったのか?コレガワカラナイ

世界樹の迷宮 早解きpart1

概要

RTAっぽいプレイです。早さを追求しつつも細かい所は妥協したりパーティ内容の検証もしない仗助の髪型牛の糞のようなプレイ。

はい、よーいスタート

ブシドーが不遇だった頃の世界樹RTAもどきはーじまーるよー

まずは命名、褒賞がなくとも樹海に乗り込んでいくという精神からギルド名はほもにしましょう。ミッションクリアで経験値がないのが悪いんです。

次にギルドメンバーの登録です。ダークハンター、レンジャー、メディック、アルケミ×2にバイトのレンジャーを10人雇用!ダクハンに鞭、前衛の3人に頭防具とリーフサンダルを三つずつ買ったら次は執政院にイクゾー!

執政院で地図を書いて来いと言われたのでダンジョンに突撃!左を埋めた後抜け道を開通させます、この時にはみんな疲れているので街に戻って夜まで一服。次にバイトどもの伐採をlv3にして伐採しまくり伐採が終わったら装備を剥がして売りましょう。この工程を二回した後パーティメンバーを元に戻しマップを埋めます。

2階に突入するレベルは4ほどでしょう、あとは適度に戦闘しながら探索をしてレベルが6になった時点で3階でレンツスに出会い、ミッションを発生させて執政院に戻ります。

執政院でミッションを受注したら敵から適宜逃げながら(HHEM)3階のツスクルのいるところに辿り着きます。ツスクル汁をかけてもらってhp、tpを回復しつつアザステ大爆炎でLv8まで稼ぎます。あぁ^〜生き返るわ〜♨︎

Lv8になったら4階へ、フォレストウルフを駆除します、前列が防御、後列が火炎と大爆炎。次のターンはアザステ火炎で倒します。一通り倒したら帰還、宿屋にバイトくんを送り込み、7日経過させます。もう一度4階に舞い戻りフォレストウルフを一通り駆逐。

5階へ、抜け道を開通させた後ツスクルの所に戻って回復。初代は後の作品と違って逃げやすいからいいぞ〜コレ、道中狩りや3階での微調整でアルケミのレベルは14にしておきます。BOOSTゲージが満タンになったら全逃げしながらスノードリフトの所へ

初ボス戦です、アザステBOOST医術防御(Lv8)があればまず死なないのでBOOSTヘッドボンテージ(Lv15)で殴った後BOOST火炎とBOOST大爆炎でゴリゴリ削ります。増援が来る前にギリギリ勝利

次回は第二階層です。

解説、レンジャーのぶっ壊れ具合について

地味な見た目とスキルに見えてDDB(誰がどう見てもぶっ壊れ)している奴ら、まずサジタリウスの矢は3ターンに1回しか放てないとは言え超火力おまけのスタンもたまにいい仕事をする、隠しボスはレンジャー3人でサジ矢ぶっぱしろという名言(?)まで。次にアザーズステップ、行動順操作が凶悪な事は周知の通り、先制で全体高火力をブッパするなどとにかく利用価値が高い。

上記二つが代名詞とも言えるスキルだが追撃の壊れスキルでさらにバランス崩壊は加速する。ダブルショットはlv9までは普通だがLv10で何故か三回攻撃になりツバメがえしとほとんど似たような威力になる、3ターンに1回はサジ矢が撃てるのでダメージレースで火力職に並べるのだ、その上で先制ブーストや警戒歩行などの便利な探索系スキルもついてくる。

今こんな気分、ちなみにブシドーは強いとは言い難い、高火力紙装甲は油断すると暴れ出すから基本ピーキーなんだよ!しょうがないんだ(言い訳)

DDS2 攻略メモ戦闘編

ンンーーー!マ゚ッ!アァッ↑!!(よみがえるトラウマ)

もうIで十分堪能したよ…

いえ、まだまだ堪能していただきませんと

やることの基本は(http://mer-maid-tann.hatenablog.com/entry/2017/04/21/150735)敵の戦力を分析して戦うか逃げるか魔法などを使うかを決めれば良い、今回は単純な殴り合いの世界からあぶれたキチガイ強敵の対処法について記述する。

先に通常攻撃の属性について説明しておく、主人公が銃と剣から攻撃手段が選べるように仲魔にも銃か剣かの属性がありどちらか一つだけを持っている。(剣属性の場合切りかかった、と表記される)ゾンビなどを除きほとんどの悪魔には剣属性の方が有効、つまり剣属性で攻撃できる仲魔は強いし剣属性で攻撃してくる敵は驚異という事になる。また一部の仲魔は後のEXTRAを習得している、通常攻撃時に確率で選択されバインドボイスやファイアブレス的な攻撃を仕掛ける。

殴って来ないのに脅威になる悪魔はどんな方法でこちらをいたぶろうとしてくるのか、いくつか上げていくと、高い威力の魔法(どの悪魔にも均等に効くザン系連打やブフ系連打)を使うタイプ、特技でこちらをBINDにしながら殴ってくる屑、パピルマやマリンカリンなどで行動を永続的に束縛するタイプ、呪い(DEATH、BOO)を駆使するタイプ。後はエナジードレイン(レベル低下)をしてくる屑中の屑である。

脳筋の主人公にできるのはとっとと逃げ出す事くらいなので必然的にヒロイン様に頼る事になる。魔法の少ない序盤で有効なのは知力にガン振りしたジオマなど、容赦のない暴力が敵を一掃してくれる。ジオラオンでもパワー不足になる終盤ではマカジャマ、テトラジャが有効。マカジャマは意外と有効な悪魔が多く、とりあえず振ってみると安定する。

補足としてマカジャマで無力化ができた場合や単純に数が4体以上の時は、ラクンダやタルカジャを噛ませてから攻撃すると被害が少なくなる。そして根も蓋もないが速を高めて基本は逃走し逃走しにくいものに特別な対処をするスタンスが有効。

種族別分類

会話不能なDARK悪魔の種族別の特徴について記載する

夜魔…逃げにくい、サキュバス(集団マリンカリンからのエナジードレイン)やサウォバク(テンタラフー、ムドオン、BOOの呪い)などロクでもない屑が多い、マカジャマ必須。

邪神…種族毎に経験値に倍率がかかるのだがこいつは全種族中トップ、一番まずい邪鬼の8倍もある。美味しいし施餓鬼の霊薬(エストマ)で出現が絞りやすい

じゅるり…

邪鬼…経験値は毛ほどもないが落とすマッカが多く大群で出てくる傾向アリ。京浜第3シェルター周辺で出てくるオークの大群を退けると序盤では破格のマッカが稼げる、じゅるり。

特徴があるのはこれくらい、他に美味しそうな悪魔と言えば銀座の地下道で爆心地に繋がる道に侵入可能になったら即座に侵入し出てくるコカトライスやリッチを狩ると経験値が┌(^o^)┘モリ┌(^o^)┘モリ稼げる。

おまけ

回復費用は1hp、1mpあたり1、2、3マッカになる。何マッカかかるかはおそらく主人公のレベルかシナリオのフラグで決まっていると思われる。ここで重要なのはhpとmpが等価な点であり例えばディアハン(6mp)でhpを100回復すれば282マッカが浮く。ヒロインのディアラハン習得はかなり遅いのでディアラハンが使える幻魔キクリヒメ(lv40)と魔神バアルの商品価値は大きい、特にキクリヒメ。

ゲーム感想文#2 真・女神転生II

あともうちょっと耐えればラジアンヒストリアとかセカダンが来てなんとかなんでしょwww

黄昏に神、堕ちるーーー。

かっこいいキャッチフレーズ、テンションあがりますね。ストーリー面は大幅に増設されTOKYOミレニアム、地下世界、魔界の様々なキャラ模様が描かれ登場する悪魔もヘブライから日本神話、四文字率いる神霊軍団までドッタンバッタン大騒ぎ。ストーリー面では個人的にこの作品が一番好きです。

戦闘面

戦闘のバランスは真Iからハメ技をあらかた引っこ抜きました、以上。本当にそれだけ、しかし主人公側に強力な武器がけっこう簡単に支給されるので(キュウビのムチ、獅子の軍扇)などで主人公とヒロインだけで立ち回れるのであまり問題ではない、終盤には真Iでもでなかった脅威のハメ技まひ引っ掻きが登場する。ルシファーまでならノーダメ斬首余裕な脅威の代物なので使わない方がいい。その他の違いとしては敵悪魔がグループとして2種類セットで出てくるようになった。これのせいでただでさえ今作では役に立たない全体魔法のタゲが分散したり戦闘回避や交渉に役立ったり逆に交渉を妨害されたりする、会話面の奥深さが増した。いつになったら魔法は報われるんだ

交渉においては死ぬほど魔石を要求されるのは注目に値する点である、魔石を貰ったので更に魔石を要求しそして…魔石だ!なんてのは日常茶飯事。NEUTRAL悪魔を倒さないと魔石が手に入らないのだがもう一つの追加点である「友好度」との兼ね合いが生じてくる。これは何度も仲魔にする会話や会話による戦闘回避を行うと以後は話しかけただけで仲魔になったり逆に倒し続けていると全然仲魔になってくれなかったり持ち逃げされたるする。MAGを稼ぐ時にもう交渉しないようなNEUTRAL悪魔の群れを虐殺するのが吉

合体面

合体要素のアイドル、魔法継承が初登場。しかしカジャ系以外はカス同然であるため、必然的にどうやってカジャを継承するか?そしてその際優先度の問題から邪魔になる回復魔法を避ける事になる。他にめぼしい変更点は三身合体、合体後のレベル算出の仕様が異なっておりLIGHTが3体なら+8、2体なら+4、1体なら0、いないなら-4。前作は問答無用で+8とかだったのに。そもそも三身合体でないとLIGHT種族は作れない事と組み合わさって少し嫌らしい仕様になっている、前作みたいに簡単に高レベルが作れなくなっている、だが良い点もあり二身合体で全ての種族が作れる。まあ上位の悪魔はLIGHT種族の二身合体で生み出す羽目になるのだが

マップ

別にマップ面で真Iからあまり変化はない、しかしMAG入手経路の減少(Iは交渉が成立してMAGを要求すれば非常に簡単にMAGは集められた)や嫌らしいマップの増加からMAGの枯渇具合は異常、主人公が単騎で強いのでこの作品仲魔ボス戦以外であんまりいらないんじゃないかなとさえ思う。根性のひん曲がった中盤の嫌がらせマップの数々はマップ埋め尽くし症候群を刺激す以下略

恒例の点数付けるアレ

難易度 3点…ハメ技無しの真Iのようなもの、しかし野良がいい武器を落とすお陰で二人旅が簡単、仲魔を呼ぶとMAG管理ゲーという別のゲームになる)

やりこみ 4点…シヴァのレベルも70代に落ちたもののカジャ継承や宝石集め、金剛神界探索などできる作業は多いぞ

敷居の低さ…5点 真Iと同じだよ。

DDS2 攻略メモ合体編

マゾゲーマーには至高のご褒美ゲー

ミクロな小技について箇条書きしようと思います。

合体

今回の合体は大まかに分けると

  1. NEUTRAL+NEUTRAL=GOOD
  2. GOOD+NEUTRAL=精霊
  3. GOOD三身=強いGOOD
  4. 精霊ランクアップ

の4種類ほどで構成される、合体表を下に貼るが、このように半分ほどの組み合わせはハズレで素材悪魔の合計レベルによって該当の精霊ができる仕組みになっている。この精霊の使い道もランクアップ以外はほとんど役に立たない、ストーリー後半で必要になるのでノーム・ウンディーネはできたら溜め込んで置いても良いだろう。そしてもう一つ今回の合体で重要な点を述べておくと鬼神・魔神・天使(今回は後の大天使がこれに該当)は全て、魔獣無しには製作できない、オマケに二身合体で作れるのは鬼神だけだ。このため交渉可能なNEUTRALは魔獣かそれ以外で分類されるし魔獣の口調は一貫して交渉が少し難しいし魔界に入るまでは3Dマップにしか出ない(出現させにくい)。分かってやっているなATLUS

↑精霊+精霊で聖獣はごく稀に使う機会があるが悪魔を2〜4体で聖獣にリターンがあるのは稀

ちなみに合体の組み合わせは魔獣+妖魔、聖獣(魔獣+妖精等)+幻魔で鬼神。魔神は鬼神、神獣、幻魔の三身合体が簡単で神獣は鬼神、幻魔、聖獣で作る。いっぱいのフレンズで魔神が出来るんだ(ゲス顔)

精霊と聖獣以外のNEUTRAL二身は、他のNEUTRAL種族か幻魔に帰着する。しかし幻魔は二身合体ではまず精霊を生み出すいわば終着点である事を覚えておこう。種族の特徴としては幻魔はエリゴールやクーフーリンなど序盤には強力な悪魔が固まっているし3体しかいないタルカジャ持ちのうち2体は幻魔だ(lv25、54)。鬼神は物理耐性が高い事が多く低レベルの2体の四天王は後列におけば終盤まで使いまわせる。魔法がショボいこのゲームでは腕力が高く硬いこの種族は作りさえすれば既に元が取れる、必然的にこれをランクアップさせるウンディーネの評価も高い。

以上より魔獣が安定的に手に入れられるようになる(理由は後述 *1)終盤(魔界、怒りの村以降)とそれ以前で合体の方針を決めると、序盤は幻魔を製作していく、幻魔は戦力になるもの(特にクーフーリン)は残しつつ邪魔になったらノーム以上の精霊に変える、低レベルの幻魔はそれよりレベルの高いNEUTRAL種族などに合体で変えてしまうと良いだろう。魔獣は最低でも2体捉える、これでゾウチョウテンとコウモクテンを手に入れる、それぞれタルカジャ・ラクンダの終盤まで使える有望株だ。最もタルカジャはmp4、ラクンダはmp2なのでゾウチョウテンは中盤でお払い箱だが。中盤は魔獣で適宜鬼神を補充しながら使い終わった鬼神・幻魔を精霊に変えたりランクアップ→使った精霊の補充を中心に進めていく。終盤は魔獣が比較的容易に集まるので魔神に手を伸ばしていこう

捕捉:上位の精霊の楽な作り方

このゲームで精霊を確保した状態で魔界に乗り込んだ方が良いと言われるのはレベル差がつくと交渉が難しくなるから、実際交渉にすらならず逃げられるパターンがある。そこで逃げられない(?)女性口調の悪魔で簡単に精霊を作る組み合わせを書く。使うのは妖精オキュペテ(L15)、ケライノー(L18)、アエロー(L21)。この内2体でそれぞれノーム(オ+ケ)、シルフ(オ+ア)、ウンディーネ(ケ+ア)が作れそれぞれ聖獣・幻魔・鬼神をランクアップできる。またケライノーとアエローは新宿・池袋近辺の2Dマップをうろつけば良い。オキュペテは銀座近辺などで出てくるがいささか低確率、捕まえやすい場所募集。

*1 3Dマップでは扉をくぐる事でエンカウント率が急上昇するので扉を往復すれば楽に目当ての悪魔が引ける、しかし3Dマップで魔獣が出るのは終盤。それまではなかなか出ない2Dマップをうろうろし目当ての魔獣が出るまで待ち、さらに難しい交渉を成功させる必要がある。

捕捉2:交渉のすゝめ

いきなり金品を渡しては逃げられる。説得などのコマンドで信頼を得ると確実、ただしちかづくはまず仲魔などを呼ばれるしぶきをおさめるは普通の悪魔には効くが魔獣はこっちをバカにして逃げ出す、畜生風情が…(内なる怒り)

3DS版ソウルハッカーズ 隠しボス攻略

3DSソウルハッカーズではエクストラダンジョンの「観覧会の扉」のボスが4体になり強力になっています。ではどのようにして倒せば良いのでしょうか、楽な方法を探っていきます。

四連線の流れ

1.デビルサマナー 葛葉キョウジ

カーリー メタトロン アナト シヴァ キョウジ ヴィシュヌが相手です。6体呼び出されているだけあって多彩な攻撃をかけてきます。

2.ライドウの呼び出した仲魔(3体)

ガシャドクロ ヨシツネ ミシャクジさまを呼び出してくる。比較的楽

3.Wライドウ

キョウジほどではないがこちらも体勢が整う前に殺しにかかってくる、注意。

4.超力超神

貫禄のhp65535、ある意味万能より危険なコンボを使うなど嫌がらせに余念がない、また2回行動であるため根本的な対策が難しい点に注意。

戦法

どうするべきか、当然、反射である。カジノのVSポーカーであら稼ぎして反射アイテムや忠誠度を簡単にあげるアイテム、テオメトル(最大hp上昇)を揃えておこう。

VSポーカーの勝ち方…スケロクくらいまでのAIならパターン化すれば勝ち目は十分。基本はストレートやフラッシュを構えながらワンペアは保持、ブタが来たなら数字が高い2枚を保持しておけば良い。とにかくワンペアの2点をコツコツ積んで勝つのが良い。敵がストレートフラッシュとか出して来たらそっ閉じしよう。

さていざ反射する段になって重要なのが敵の速さである。全ての悪魔が34を越える速さを持ち一部の敵は40に達している、嫌がらせも良いところだ。そこで速さを決定する際の要因を見ていこう

パーティ内の位置>速さ>レベル

パーティ内の位置は前列、左側が優先される。例えば速が40の主人公(前列右)と敵のカーリー速40(前列左)ではカーリーの方がほぼ確実に先制する。主人公はアイテム係なので恒常的には反射を貼れない。そのため速40にドーピングした悪魔を前列左に配置してとにかく反射を連打するのが効率的と言える。最後の超力超神の速さは39だが前列左なのかかなり速くまた2回行動なのでカーンを上から殴って来たりする、2回行動に補正が入っているのかもしれない。

他に押さえておきたいシステムや知識としてはまずは補助のかかり方である、補助はその場のパーティメンバーではなく場、またはパーティ全体にかかる。どういうことかというと死亡後蘇生しようが入れ替え用が場にかかった補助は全体で享受できる。最終戦ではこの入れ替えも上手く使う事になる、次はタルンダ所持悪魔、これは実用に耐えるのはシヴァくらいなものだろう。ンダ系は継承タイプの一致でしか継承ができず高レベル帯でそれができるのはバアルとオーディンだがどちらも空き枠が少なくオーディンはマカカジャを持っているのでオーディン→バアルにタルンダを継承させることはできない。初期保持のシヴァは非常に重要

レベル上げは時幻の回廊5の宝箱を開けるのが良い、カジノでソーマを10個持っておけば何回でも敵6体と戦闘できるので瞬殺できるパーティで延々と宝箱を開け続ければ良い。

各対策

1戦目のキョウジは超火力を補助が整う前に投げかけてくる、ぶっちゃけ運ゲーだ。持ち込めるアイテムは限られるので体勢が安定するまで反射アイテムやテオメトルは使いたくない。危険な魔法はマハンマオン・マハムドオン・メギドラ。メギドラは補助をラクカジャタルンダをそれぞれMAXにしても壊滅状態に追い込むので使われないように祈ろう。ネミッサで戦の魔王(くりからの黒龍)を連打しながら前衛から削っていこう。マカラカーンさえ貼っていればメギドラ以外は怖くない。敵がキョウジとヴィシュヌ以外倒せたら主人公とネミッサにテオメトルを使用して次の戦いに備える

2戦目はまたマカラカーンを貼り、主人公(前列右端)で物反鏡を用いる。ヨシツネは物反鏡で1、2ターンキル。マカラカーンをしておけばミシャクジ様は勝手に死ぬ。また戦の魔王でガシャドクロを削る際、物反鏡を貼っておくとミシャクジ様に反射されても安心、1、2ターン目は積極的にしかけよう

3戦目は初手物反しておけば、雷堂は大きなダメージを与えられる、この戦闘でもマカラカーンを連打するが危険なのはイッポンダタラのとんかち、軽くパーティが壊滅するので黒龍で早めに処理したい。それさえできればもう勝ったも同然

4戦目はとにかくタルンダ・ラクカジャを積む、どの戦いでもカーン、タルンダ、ラクカジャ、メディアラハンを毎ターン使用するのはもはや前提なのだが。警戒すべきは超力陽弾(威力の高いマハラギオン)と前列を爆弾にする超力なんとかである。主人公が火炎吸収防具をつけていても爆弾状態の悪魔が火炎攻撃で攻撃されると万能ダメで即死する、また確実に反射が決まらないので爆弾にされ得る前列は火炎無効または全てに強いで固める必要がある、爆弾状態の治療はソーマでのみ可能なのも覚えておくと良い。補助がかかってくると全体が火炎無効以上の耐性がある方が安定するのでラクンダ持ち(キュベレがオススメ)に入れ替えて削っていこう。hpが1/4を切ると補助の解除をした後に即座に強力な攻撃を挟んで来たりする、幸い1回目の行動と2回目の行動には結構割り込めるので「もう効果がない!」でもラクカジャ二発をオートに組み込んで安心は確保しておきたい。

攻撃手段は魔が40のアギッサにくりからの黒龍と戦の魔王を連打させるに尽きる。

世界樹の迷宮早解きプレイ

方針

  1. 火力はアルケミスト×2が担当(武器への投資が少なく済むので楽チンチン)、終盤はレンジャーも2枚使う。ビバサジ矢(追記:強力な矢の入手方法の模索が必要→コロトラングルは火炎で倒す。)
  2. 防御は序盤は高レベルのボンテージ系スキル+BOOST、中盤以降は王道を征く医術防御で。アクセラIIIの使用でラスボスもゴリ押し
  3. 稼ぎ所はツスクル→泉→ツスクル→カエル→泉、最後の稼ぎが終わり次第後はラスボスまで直行

チャート(暫定版)

  1. ダクハン、レンジャー、メディック、アルケミ×2、レンジャー10人を雇う。

  2. 1階の地図作成、ショトカを開通したらレンジャー10人を使い捨てて日銭を稼ぐ

  3. スキルに関しては下の解説を参照。
  4. 適度に地図を掘り進めつつ探索、lv5になったら3階へ行きミッションのフラグを立てる。

  5. ツスクル周辺でLv8まで狩る、以後は4階でウルフフォレストをいじめながら経験値を稼ぐ。

  6. lv13で宿でFOEを復活させてから5階へ、前衛の胸防具だけ新調しそしたらブーストゲージを稼いでからボスへ

1.回復の泉までアザステ駆使で進める、泉に到達したらlv21まで上げる。以後歩き狩りしながらミッションをこなしつつ地下へ10階へ 1. 2回目のツスクル狩り、ツスクルのいる部屋で火喰い鳥を倒して弓なりの尾骨を前の廊下で出てくる蜂の大軍で蜜のかけらを必要文収集。ダクハンにはエッジウィップを買い与える。前回同様前衛に防具を 1. 11階は磁軸から反時計回りに地図を埋める、12階でクイーンアント以外の部分を埋めたらlv32までカエル狩り 1. 防具はラバーヘッド三つにスタッテドベスト2

  1. 13階はまっすぐに、14階に降りたらフロア上部の階段から13階へ、採取・伐採をする
  2. その足で回復の泉に戻った後、蟹かトンボの素材を入手後にコロトラングル戦へ、しっかりと火炎属性でたおすためファイアオイルを一つ買っておく
  3. 枯森7突入前にTEC+4のクリスタルロッドをアルケミに購入

  4. ミッションをこなすために適宜執政院に戻りつつ18fの回復の泉へ、lv42まで稼ぎ、19階以下の必要なFOEを狩る、ネクタル・テリアカβを持ち込む

  5. シンジュクでのエレベーター起動、道中で伐採しておく。
  6. 25fのショトカを開通、その後水晶花が14個集まるまで23fのエレベーター前で伐採
  7. アクセラIII7個、アクセラII6個、アクセラ2つ、アムリタIIを20個、ネクタルIIを5個持ち込む。

ボス攻略

スノードリフト

アザステ医術防御を初手でかける、lv10のヘッドボンテージを入れて縛る事ができると楽になる。後は火炎の術式でゴリ押ししよう、増援を気にして周りのフォレストウルフの処理はいらない

ケルヌンノス

ダクハンが!画面端で!ダクハンが!捕まえてぇ!!ヘッドボンテージ!本体の頭がしばれているならヒーラーボールは全て処理すると良い、そうでない場合は一体だけ残しておく、ヒーラーボールが残っておらずhp残量が50%以下の場合即死を撃ってくるので要らぬ事故の元である。注意

クイーンアント

砂煙対策にリフレッシュLv1、ハイキラーアントが1体以下の場合は全体術式は使わないでおく。

コロトラングル

hpが70%以下になると水のヴェールを使用して恐ろしく時間を要する事になるので足を縛りそのうちに暴行を加える、頭封じより優先した方が良い。またダクハンとレンジャーにはオイルを塗っておく。その上で頭を縛れるとhp管理が楽

イワォロペネレプ

雑魚、特筆すべき注意事項とその対策がない、FOE狩りで溜めたブーストの使い所さん

レンとツスクル

ダクハン・レンジャーでツスクルを攻撃しつつ頭縛りに、アルケミでレンを攻撃。あえて言うなら首打ちが怖いがどうしようもない。レンジャーにオイル塗っておくと少し速い

世界樹の王

アクセラIIIでブースト医術防御を常に展開できるようにする、頭封じでエタニティツリーと王の威厳を使えないようにする。2ヶ所以上を封じると封じ解除をするので攻撃は医術防御でカットできるので封じるなら頭がベスト。

スキル配分

ダクハン…鞭マスタリー2→ヘッドボンテージ10→鞭3→アーム8→鞭4→レッグ8→採取3→アーム10→レッグ10→採取5→ATCブースト(ブーストアップ)

レンジャー…AGI1→トリック3→ファスト3→アザステ→AGI3→先制ブースト3→先制ブロック→警戒歩行→弓マス10→サジ矢10→伐採

メディック…回復2→キュア1→回復3→キュア3→エリアキュア3→医術防御5→tpブースト3→博識1→医術防御10→キュアII3→エリアキュアII3→リフレッシュ1→伐採5→博識5→tpブースト5→残りは伐採

アルケミ1…火1→火術2→火5→火3→火炎7→大爆炎5→火炎10→大爆炎10→tp3→博識1→雷5→大雷嵐1→tp3→博識1→残りは伐採

アルケミ2…火術1→火5→大爆炎1→氷1→氷術1→氷5→大氷嵐3→氷結10→大氷嵐10→伐採3→tp3→博識1→残りは伐採